誰でも無料で利用できる

Use "TAFtools"

TAFtools は誰でも無料で利用できます。「SEO対策ツール」や「Web管理ツール」、「画像編集ツール」など数十種類の便利な各種ツールが揃っています。

TAFtools

誰でも無料で利用できる便利なツール集!

Googleなどの検索エンジンにWebサイトのTopページだけでなく、他のサイトページもクロールしてもらうため、クローラーにわかりやすいように<urlset> <url> <loc> <lastmod> <changefreq> <priority> などのXMLタグを使用して、サイトページをリスト化したsitemap.xml ファイルを作成できます。

robots.txt ファイルを作成できます。robots.txt ファイルは、Googleなどのクローラーに対して、クロールしてほしくないディレクトリやWebページをrobots.txt ファイルに記述してクローラーに知らせるために必要です。これはクローラーの無駄なサイトクローリング(オーバーロード)を避けるために使用されます。

metaタグ情報は、ブラウザやGoogleなどの検索エンジンにWebサイトの内容を適切に伝えるために必要です。

「title」「description」「keywords」「robots」「Content-Type」「charset」「language」などの基本的なMeta情報を作成できます。

サイトに設定されている「Meta Title」「Meta description」「Meta Keywords」「Meta Viewport」「Open Graph」など、その他metaタグ情報を検索して表示します。

metaタグ情報は、ブラウザやGoogleなどの検索エンジンにWebサイトの内容を適切伝えるために必要です。

WebページがGoogleインデックスに登録されているページ数を検索します。

インデックスされていないWebページはGoogle検索しても、検索結果に表示されません。
コンテンツを見つけてもらうためにSEO対策を実行することによって、Googleインデックスへの登録プロセスに影響を与えることが期待できます。

Webページの内部リンクと外部へのリンク数を表示します。

 
 

1つのキーワードを入力すると、そのキーワードに関連するような複合キーワード一覧を表示します。

 
 

Webページ内でよく使用されているキーワードと、そのキーワードの出現率を計算して一覧表で表示します。

検索ユーザーに役立つコンテンツ作成において、無意味なキーワードの多用がないか作成したWebページをチェックする必要があります。

 
 

Google検索や、Yahoo検索で任意のキーワード検索したときの、掲載順位を確認できます。

分析したいWebページの内部のリンク数、外部へのリンク数、リンクページの nofollow / dofollow 属性の設定状態など、リンクページを一覧表示します。重複リンクや、nofollow / dofollow 属性の設定確認などに利用できます。

表示されたリンクページ一覧は、CSV形式ファイルとしてダウンロードできるのでExcelなどの表計算ソフトで編集できます。

Webサイトのバックリンク(被リンク)数をチェックできます。
Googleなどの検索エンジンでは検索順位を決める要素の1つとして、Webサイトがどれくらいの良質なバックリンクをうけているかを評価しているとされています。ただし不正なバックリンク数が多くても逆に検索順位を落とすことになります。バックリンクは量だけでなく質も評価されていますので注意が必要です。

WebサイトのAlexaランク(Alexa traffic rank)がチェックできます。
Alexaランク(Alexa traffic rank)は、Amazon.comの子会社「Alexa Internet, Inc.」がブラウザー拡張機能(Alexa Toolbar)を使用して世界中のインターネットユーザーのWebサイトのアクセス数を調査し分析したデータを元にランク付けされたものです。

Webページの表示速度(time)や、「CSS Link」、「Script Link」、「Image Link」、「Other Resource Link」などの読み込み速度(Load Time)を計測して一覧表示します。
Webページの読み込み時間は重要です。Webページ速度の遅延は、ページビューの増減やコンバージョン率、直帰率などにも影響します。Webページ速度の測定結果は、トラフィックの状況に影響されますので注意してください。

Whoisサービスによりドメインの登録情報を検索して表示します。
Whoisとは、ドメイン名やIPアドレス、ドメインの所有者など、その他ドメインの登録情報を参照できるサービスです。Whoisはレジストリ(ICANN認定:各ドメイン情報を持つデータベースを管理している機関)や、レジストラ(ICANNに認定されたレジストラとレジストリ契約を結んだ、技術力、ビジネス能力を有するドメイン登録業者)によって管理されています。

現在インターネットに接続しているデバイス(パソコン・タブレット・スマートフォンなど)の場所や、あなたのIPアドレスなどの情報を表示します。

表示内容
MAP画像
あなたのIPアドレス
City
Location
Country
国名コード(Country Code)
プロバイダ(ISP)
緯度(Latitude)
経度(Longitude)

【ドメインのIP情報】ツールは、ドメインのIP情報を表示します。

表示内容
メイン
IP

プロバイダ(ISP)

ブラウザ、ブラウザ Version、使用OS、User Agentなど現在利用しているブラウザの情報を表示します。
User Agent(ユーザーエージェント)とはブラウザがWebサーバーにデータを取りに行くとき、サーバーに対して自動的に通知している自分自身の情報(ブラウザの種類やバージョン、使用OSやバージョンなどの情報を組み合わせた識別子)です。
Webサイトにアクセスする際、HTTPヘッダーに送信するソフトウェアやOS等の情報をUser Agentとして送信します。Webサーバー側はUser Agentを見て適切なコンテンツ(モバイル向けなど)情報を返します。

Webサイトのリダイレクトが正しく動作しているか確認します。

検索エンジンがさまざまなWebサイトをクロールするとき、サイトのリダイレクト設定に問題がある場合、検索エンジンが正しくリンクをたどることができません。
この結果、リンク先にコンテンツがないと見なされ検索ランクが低くなる可能性があります。

任意の文字列をエンコード(文字列をパーセンテージエンコード符号化する)またはデコード(エンコードされた文字列を元に戻す)します。日本語URI(URL)のエンコーディングなどに利用できます。

URLをエンコードするプロセスはパーセンテージエンコード(Percent-encoding)と呼ばれ、URLに予約文字(Reserved Character)を埋め込むことができるので非常に便利です。URLエンコーダーは基本的に、文字情報をURI(Uniform Resource Identifier)にエンコードします。

サーバーのレスポンス状態をHTTPステータスコードを取得することによりチェックします。
HTTPステータスコードとは、RFC7231によって規定され、HTTPにおいてサーバーのレスポンス状態を、3桁の数値で表したコードのことです。

3桁のHTTPステータスコード先頭より1桁目は、下記の5種類の応答のクラスを定義されています。
1XX Informational 情報
2XX Success 処理成功
3XX Redirection リダイレクション(移転通知)
4XX Client Error クライアントエラー(処理失敗)
5XX Server Error サーバエラー

Webページのサイズをバイト(Byte)とキロバイト(KB)でチェックできます。

Webサイトの内部リンク切れや、外部へのリンク切れがないかチェックして、リンクのURL、Status Code、Status、一覧を表示します。

IPアドレスからCity、Location、Country、国名コード(Country Code)、プロバイダ(ISP)、緯度(Latitude)、経度(Longitude)などの地理情報を検索できます。

検索した情報は、CSV形式ファイルでダウンロードできます。

Google セーフブラウジングのサイトステータスを使用して、任意のWebサイトが現時点で「安全なWebサイト」か「安全ではないWebサイト」かをチェックします。

Googleセーフブラウジング(Google Safe Browsing)

SPAM Database Server のブラックリストに登録されていないかどうか、またはフラグが付けられていないかどうかを検索します。

スパム行為を行っていない場合でも、稀にWebサイトがブラックリストに登録されていたり、フラグが付けられていたり、スパムとしてマークされたりすることがありますので注意してください。

任意の画像(PNG・JPEG・JPG・GIF)でWebサイトのファビコン(favicon.ico)ファイルを作成します。
作成した(favicon.ico)ファイルはダウンロードできます。

ファビコン設置例
1.作成した favicon.ico ファイルをサーバーのルートディレクトリに設置します。

2.Webページの<head> … </head>タグ内に次の内容を記述します。

<link rel=”icon” href=”/favicon.ico”>

3.ファビコンが表示されているか確認する。

URLを入力するだけで、Webサイトのスクリーンショット画像を作成します。
作成したスクリーンショット画像はダウンロードしてファイル(jpg形式)に保存できます。

ダウンロードした画像を編集してサムネイルなどが簡単に作成できます。

QRコードを作成できます。作成したQRコードはPNG形式ファイルで保存したり、プリンタで印刷できます。 QRコード(QR Code)は1994年デンソーによって開発されたマトリックス型の二次元コードです。

QRコードはラベルや製品に印刷するだけでなく、Webサイトやモバイルサイトでも「サイトのURL」、「メールアドレス」、「電話番号」、「地図情報」など、WebページにQRコード画像を配置して利用されています。キャンペーンページ(URL)への誘導、クーポンコードの発行など、その他アイデア次第でいろいろな利用方法が考えられます。

デスクトップパソコンやノートパソコン、スマートフォンやタブレットなどデバイスの画面サイズ(解像度)は異なります。

さまざまな異なるデバイスのWeb画面解像度で、Webサイトをブラウザで表示したときの見え方をチェックできます。チェックするシミュレート画面はブラウザの別ウィンドウに表示されます。

R(赤)G(緑)B(青)の各カラーレベル 0~255 入力することで、Hex(16進数)カラーコードと、HSL色空間 に変換します。

Hex(16進数)カラーコード
Hexは、Webページ作成時に文字色や背景色などその他、色を指定するときに

#FFFFFF(White)
#000000(Black)
#FF0000(Red)

などのように先頭に # を付けて、R(赤)G(緑)B(青)に対して各色を2桁の16進数に変換して表し、6桁で表示したものです。

検索したい画像のURLを入力または、検索したい画像をアップロードして、「google 画像検索エンジン」、「Bing 画像検索エンジン」、 「Yandex 画像検索エンジン」3つの検索エンジンを使用して類似画像を検索します。

任意の画像をアップロードして、オンライン上で画像の切抜き編集がおこなえます。

編集した切抜き画像はjpg形式のファイルとしてダウンロードできます。

「WYSIWYG編集」画面と、「HTML編集」画面の2つ入力画面を利用して編集できるHTMLエディタです。

「WYSIWYG編集」画面では、文字、色指定、装飾指定、配置指定、画像配置、リンク指定、表作成、プレビューなど、その他の機能をもったコマンドを使用してブログ感覚でページを作成できます。

「WYSIWYG編集」画面で入力したデータは、自動的に「HTML編集」画面にHTMLコードとして表示されます。

「パスワードの強度」、「パスワードの長さ」を設定して「パスワード作成」ボタンをクリックするだけで、パスワードをランダムに作成できます。

作成したパスワードは「クリップボードにコピー」して、任意の場所にパスワードを貼り付け(Ctrl + V)して利用してください。

※ 作成したパスワードは安全性を保証するものではありません。

任意に作成したパスワードを、DES(Data Encryption Standard)、MD5(Message Digest algorithm 5)、SHA-1(Secure Hash Algorithm 1)ハッシュ関数を利用して暗号化します。

※ 暗号化されたパスワードは安全性を保証するものではありません。

ajax-loader